女性の年代別の薬剤師の年収に関する情報をご紹介

女性の年代別の薬剤師年収

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の仕事をする上で気になるのはやはり年収です。平均年収が一般職より高い水準にある薬剤師ですが、年代によっても差がありますし、男性と女性によっても差が出てくる形になっています。まず、女性の方の全ての年代を通しての平均年収は520万円となっており、男性の560万円よりも若干少なくなっています。男性の方が責任ある立場に就く方も多く、女性は結婚や出産のために途中で退職する方も多いため、仕方がない面はあると言えます。

20代で女性薬剤師の年収を見ていくと平均年収は430万円ほどとなっています。一般職の正社員の方は300万円前後なので、この金額は一般職と比較するととても高い水準であるという事が分かります。薬剤師ならではのメリットで、就職した直後から安定した十分な収入を得ていく事ができます。男性は460万円となっており、多少の差があります。

30代前半に入ると女性薬剤師の平均年収は約480万円となります。薬剤師としてのスキルを一通り身に付け、戦力として活躍できる年代です。薬剤師の収入は伸びにくいとも言われていますが、年収500万円に近づく形になっています。もちろん平均の値なので、あなたにより高度なスキルや経験などが身に付いてきていれば、これ以上の収入を得られる可能性もあります。男性は520万円となっており、差はそれほどありません。

30代後半になると女性薬剤師の平均年収は560万円まで上がります。これはブランクなしでそのまま働き続けた場合の年収のため、結婚や出産で一度仕事を離れた方はこれよりも低い額面になる事もあります。この辺りの水準で一旦女性薬剤師の収入はピークを迎えます。男性は管理薬剤師などのマネジメント的な立場に携わる方も増えてくるので収入は更に伸びていきますが、女性の場合は40代後半までこの水準が続く傾向にあります。

50代で仕事をしている場合は専門性を高める方もいるため年収は上がり、600万円となっています。女性の場合は正社員としての薬剤師の収入は500万円から600万円ほどなら高収入と言って良いでしょう。また、MRなどの営業的な面を持つ職種で仕事をすると収入は伸びやすくなり、30代で年収1000万円も可能性としてはあります。この平均年収と照らし合わせて自分の年収が低いと感じる場合は、転職を検討してみるのも一つの選択肢です。転職サイトの求人情報をまずはチェックしてみましょう。

女性薬剤師で年収に不満があるなら、コンサルタントに相談!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら