東京の薬剤師年収に関する情報をご紹介

東京で働く薬剤師の年収相場は!?

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師は、薬学に関する高い専門性とスキルを持ち、病気を治す治療や新薬の開発といった職業性から、多くの人と社会に貢献できる職業です。薬の専門家として堅実で一生のライフワークにできるため、人気も高い職業です。

年収に関しても決して低い水準ではなく、薬剤師の平均年収は約500万円、月給35から37万円で安定した収入です。薬剤師の年収は勤務先や職種によって差があり、主な勤務先で比較すると

製薬会社 > ドラッグストア > 調剤薬局 > 病院
の順に年収は高くなり、これに加えて地域による年収差も見られます。

では地域別にみた場合の薬剤師の年収はどのようになっているのでしょうか。やはり東京の薬剤師の年収は調剤薬局薬剤師で約500〜600万円は堅く、平均年収よりやや高い年収が一般的となっています。基本的に調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬会社の他、化学品・化粧品・食品の販売製造を行うメーカーの研究所、新薬開発を担う治験会社、大学や研究機関もなど、薬剤師の働く職場が多い東京ならではのメリットがあります。働く職場の選択肢が多ければ、当然高い年収を得るチャンスも増え、東京は薬剤師の年収UP、キャリアUPにこと欠かないエリアであることは間違いないようですね。

では地方や田舎などの僻地では薬剤師の年収は高いのでしょうか低いのでしょうか。医師や薬剤師などの医療従事者の場合、地方の田舎や僻地では医療スタッフ不足が深刻で、常に人材が枯渇している状態です。そのため僻地に勤務する薬剤師では、平均を上回る高額の年収を得ている人もいるようですね。慢性的な人手不足の地域や僻地医療に携わるためその負担は大きく、生活の不便さもあって仕事と生活は心身ともにハードなものになりますが、その分高収入を見込むことができるようです。

薬剤師の年収はどの職種も約400万円前後からスタートし、勤続3〜5年ぐらいから薬剤師平均年収の500万円台になり、その後は勤続年数や役職に就くことで変動していきます。高収入が見込まれるのは製薬会社で大手製薬会社、成果主義の営業職、優秀な研究者などでは年収800〜1,000万円、ドラッグストアの店長クラスになると年収700万円を超える収入があるようですが、大手製薬会社や薬を売り込む大病院、全国展開するドラッグストアがあるのも東京・都心になります。東京はそんな薬剤師の存在価値を見出すチャンスがたくさんある場所なのです。

都内の求人探しなら、この求人エージェントがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら