30歳の薬剤師の年収目安に関する情報をご紹介

30歳の薬剤師の年収目安

求人サイトランキングはコチラ!

現在の薬剤師の平均年収は500万円くらいのようです。でも、この数字はどこで働くか、正社員かパートかなどの勤務形態かによって大きく変わってきます。

例えば、製薬会社に勤務する薬剤師の収入は一般的に高く、40歳以上の管理職の場合1000万を超える場合もあります。特に、大手製薬会社のMR(製薬会社の医薬情報担当者)は20代で500万円前後、30代前半で600万円前後、30代後半では1000万円以上というケースもみられます。

町の薬局やドラッグストアでは初任給が薬剤師手当、管理薬剤師手当など込みで月収30万円前後と、病院薬局勤務に比べ高めです。5-10年くらいの間にボーナスも含めて600万から800万円くらいまでの昇給がみられます。

医薬分業や店舗の拡大などによりドラッグストアの薬剤師の採用は増加傾向にあり、特に薬剤師が不足している地方では都会よりも収入面でかなり優遇されているようです。

調剤薬局は初任給が25万円前後ですが、医薬分業の流れで調剤薬局の新設が増加するにともない求人数も増えており、年収にすると30歳で400万から500万円くらいが多いようです。病院薬剤師は初任給が月給22万円(手当は含まない)前後のようですが、薬剤師が不足している地域などでは、かなり魅力的な報酬を提示しています。

最近注目されているのは、受託臨床試験機関(CRO)での薬剤師の仕事です。年収アップを狙うには調剤の経験と医薬の専門知識を活用して、受託臨床試験機関に挑戦するのもいいかもしれませんね。製薬企業は今後、新薬などの臨床試験を積極的に外注していくことが予想されています。それによって、CRO市場は拡大し、求人も増えることが予想されます。

製薬会社の開発では未経験者が採用されるケースはほとんどありませんが、CROでは薬剤師を含む医療従事者や製薬企業でMRを経験した人材をはじめ、未経験者でも臨床試験に関連する仕事で積極的に採用されるものと予測しています。

国税庁「民間給与実態統計調査」によると、平成22年の30代前半の平均年収は384万円、30代後半で431万円でした。30歳代前半の男性平均は432万円、女性は299万円、30歳代後半の男性平均は505万円、女性は292万円でした。こうしてみると薬剤師の30歳の年収は、一般の平均年収をかなり上回っていることが分かると思います。薬剤師は、男女差の差別は殆どなく、年齢を重ねても自分のライフスタイルにあった働き方が出来る職業の一つです。

年収に不安があるなら、まずはコンサルタントに相談しよう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら