公務員の薬剤師年収に関する情報をご紹介

公務員の薬剤師年収

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の職場と言えば病院、製薬会社、調剤薬局、ドラッグストアがその代表例でしょう。しかし、薬剤師の資格を持っている人を雇う職場はこれだけではありません。例えば、保健所などが挙げられます。市の保健所に勤務する場合は、公務員ということになります。公務員で薬剤師になる場合は、簡単に言えば公務員が薬剤の調合などのお仕事をすることになります。そのため、もらえる給料は公務員としての給料ということになります。

そのため、公務員である薬剤師の年収を他の薬剤師の年収と比較することは少し難しいかもしれませんそれでもあえて比較するとすれば、公務員と通常の薬剤師の場合、後者の方が初年度の年収は高いでしょうね。ですが、平均年収となると逆転するようです。

ですが条件も違いますし、仕事の内容もかなり変わってくるため、年収だけでの比較はあまり好ましくないかもしれません。薬剤師になった後に公務員として働いたほうが老後のためには良い、安定するという考えを持った場合は、公務員として勤められる職場を探すことに支障はないでしょう。

ただ、公務員になるために薬剤師の資格を取ることは、あまり得策ではないでしょう。同じ公務員同士で一般行政職と医療職の年収を比較すると、年収という点ではほとんど変わらず、むしろ一般行政職の方が高いというデータが出ています。

ですから公務員薬剤師として働くことを目指す際には、事前にきちんと公務員薬剤師の仕事内容についてきちんと把握しておくことが望ましいでしょう。また、同じ公務員薬剤師でも勤め先となる保健所によって、もちろん仕事内容に相違が生まれてくるでしょう。いくつかの保健所の求人情報を比較して自分に適したものを選んでいくのが良いのではないでしょうか。

薬剤師が活躍する場には、公務員としての立場で働ける場も存在するのです。公務員は、職が安定しているという点で非常に人気の高い職業ですから、他の薬剤師が活躍している職場と比べて給料の面でも職場の面でも安定した職業であると言えると思います。

◎公務員薬剤師の年収データ
医療職俸給表の平成19年の平均月収は36.8万円、推定年収は607万円です。上記年収は基本給に各種手当及び、期末・勤勉手当(ボーナス)を加算したものです。平成19年の医療職俸給表の期末・勤勉手当手当(ボーナス)は4.5ヶ月分で平均で165万円となります。ちなみに毎月の基本給以外の手当としては、扶養手当、俸給の特別調整額、地域手当等、住宅手当などが挙げられます。

年収UPを目指すならこの求人エージェントがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら