薬局長の薬剤師の年収に関する情報をご紹介

薬局長の薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

医薬分業が進んでいる医療の世界ですが、病院薬剤師にとってキャリアのひとつの目標となるのが薬局長です。大学病院をはじめとした規模の大きな病院、あるいは地方の総合病院では現在でも病院内に調剤薬局を設置しており、そこを束ねる存在として薬局長が活躍しています。つまり病院薬剤師にとって薬局長は職場のトップに立つ存在だけに収入面でも高収入が期待できます。

薬局長の薬剤師の年収相場は病院によってかなりのバラつきが見られます。とくに大きいのが病院の規模による違いです。大学病院のように病床数が多いところほど平均年収が高くなります。この点に関するデータも用意されており、病床数400床以上だと平均年収は900万円を超えるのに対し、200〜399床未満では750万円程度、100床未満の小規模な施設になると650万円程度になります。

薬剤師の平均年収は約530万円程度といわれますから、400床以上の年収900万円以上というのはかなり魅力的な数字といえます。病院薬剤師が期待できるもっとも高水準な年収相場ともなるでしょう。これよりも高い水準の年収では製薬会社の新薬開発部門の責任者やトップクラスのMRくらいでしょう。しかもそれらの中でも安定した就業環境という点では薬局長は群を抜いた立場と言えます。ただ、もちろん誰にでもなれるというわけではなく、その病院で働く薬剤師の中でも能力・実績だけでなく人望などの面も含めて突出した人物のみがなれる役職です。

病院の規模によって年収相場が異なってくるのは働く薬剤師の数と業務内容の幅広さが違ってくるからです。勤務する薬剤師の数が多く、設置されている診療科の数が多ければその分業務の幅が広くなります。取り扱う薬剤の種類も多くなりますから、その分薬局長の役割が大きくなるわけです。病院薬剤師では通常の調剤薬局では取り扱っていない薬剤を調剤したり、海外製の薬剤を取り扱うといった難しい業務もあるため薬局長の責任も重くなります。

また、現在ではチーム医療の推進が医療業界全体で行われており、薬剤師には調剤業務や服薬指導に留まらず医師・看護師との緊密な連携の下で治療に直接関わる積極的な役割が求められています。薬局長にはそうした状況も把握したうえで職場で働く薬剤師を統括する必要がありますから、高収入も当然なのかもしれません。

勤続年数にして20年以上、年齢なら50歳以上が薬局長になるうえでの基本的な条件です。誰にでもなれる職業ではありませんが、病院薬剤師にとっては収入だけでなくやりがいという点でもぜひとも目指したいポストといえるでしょう。

薬局長の薬剤師の求人探しならこのサイトがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら