大阪の薬剤師年収に関する情報をご紹介

大阪で働く薬剤師の年収相場は!?

求人サイトランキングはコチラ!

東京に次いで大都市と言える大阪での薬剤師の年収は、ほぼ平均的であると言えます。ただし、地域によって薬剤師の不足している地域はあるので、どの地域にまたどういった勤務先に勤めるかによっても年収はは上下します。

例えば、薬剤師の数が集中している場所に転職しようとした場合、採用も難しくなります。やはりどこも経験年数やどういう仕事をしてきたのかというところを重視し、数多くいる薬剤師の中から雇う人を決めるわけですから、当然ハードルは高くなります。しかしいざ転職してみると賃金は割と安めのことが多く、大阪の都市部で薬剤師の仕事に就いた場合、大体の平均は450〜500万円辺りになります。

そして大阪ではいまだに院内での調剤や処方箋が残っている地域が多いようです。やはりそれは院外での薬局、ドラッグストアで働く薬剤師不足が問題になっているとも考えられます。医薬分業が進んだ大都市に対し、これから医薬分業を進める地方では、圧倒的に薬剤師が不足しています。地方の病院では、院外に処方箋を出したくても安心信頼して任せられる薬局が無いケースが多々見られます。

ですから大阪で薬剤師の求人を探すなら、できるだけ大都市部から離れることをお勧めします。都市部から離れ、郊外に行くと年収が高くなる傾向があるようです。差が大きい場所だと100万円ほど変わってくるというケースもあるようです。

ただし、デメリットはあります。それは勤務先に出勤することです。都市部と違い、郊外になると交通網もあまり発達していないことが多く、電車やバスも1時間に1本という場合もざらにあります。また最寄駅から勤務先が遠く、自家用車がないと厳しい、というようなこともあります。

薬剤師も需要と供給で成り立っているということです。供給が行き足りている場所では1人に対する給料は少なくなり、足りていない場所では1人に対する給料が高くなるのです。もしも、大阪での薬剤師転職を考えているのなら自分が何を重視しているのかを考えて慎重に転職をしましょう。「給料が高いこと」が一番重要なのか、それとも「通いやすく、職場の雰囲気もいい」などのメリットを優先するのか、それによって転職事情も変化してくるものです。

また、薬剤師は同じ場所で長く勤めることによってキャリアを積むと、応じて給料も上がっていくという特徴があります。自分にぴったり合った場所でしっかりと働けば、それ相応に給料もUPできますから、勤務先との相性なども考えて転職活動をすると、長く続けられるかもしれませんね。

大阪の薬剤師求人はエージェントで探すのがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら