MRの薬剤師の年収に関する情報をご紹介

MRとして働く薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師がもっとも高収入を得られる職場といえば製薬会社、というイメージがありますが、その製薬会社でも職種によって年収相場に違いが見られます。新薬開発などの研究職がもっとも高いとイメージも強いですが、それと同じくらい、場合によってはもっと高い収入が得られるのがMRです。このMRとは日本語では「医薬情報担当者」と訳される職業で、その名の通り医薬品に関する情報提供を広く行う役割を担っています。

営業職としてのイメージが先行している面もあるMRですが、それだけに留まりません。自社の医薬品ほ医療機関をはじめとした顧客に売り込みを行うのはもちろんですが、その際には薬剤に関する専門的な知識が求められます。単に売り込んでいる製品の効果やメリットをアピールするだけでなく、顧客にとってどんなメリットが得られるのかも知った上で売り込む必要があるわけです。もちろん、その薬剤が相応しく使用できるよう情報提供を行うのも大事な仕事です。

さらに顧客から得た情報、効果や安全性、改善が必要な点などを研究職にフィードバックすることで今後の研究・開発に役立てるといった役割もあります。つまり単に自社の薬剤を売ればよいだけでなく、製薬会社の今後に役立つような営業活動を行っていく必要があるわけです。大まかに言えば経営・研究両面で会社の事業展開に大きな影響を及ぼす職種なのです。

こうした重要な役割からMRの年収相場は非常に高い水準となっています。上場しているような大手の製薬会社なら年収1000万円を超えることも珍しくなく、20代で800万円超、というケースも見られます。薬剤師全体の平均年収が約530万円と言われていますから、これがいかに高い水準かは明らかでしょう。

ただ、高収入な分業務には大きな責任と成果へのプレッシャーが伴います。研究職とは異なり成果が比較的短期間で、しかもダイレクトな形で明らかになる仕事のため、売り上げが伸びない、医療従事者からの評判が芳しくないといった問題が生じた場合には年収が上がらないどころから下がってしまうケースもあります。外資系だけでなくMRには成果主義を導入しているところが多く、高収入な反面、やや不安定な就業環境となるのです。精神的なプレッシャーに負けずに結果を出し続けられるかが仕事を続ける上でのポイントとなります。

一方能力が評価されたMRはさらに高収入が期待できるほか、ヘッドハンティングなどでよりよい職場への転職のチャンスも広がります。高収入ながら個人の能力や適性によって就業環境に大きな差が出る職種ともいえそうです。

MR職の薬剤師の求人探しならこのサイトがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら