マネージャー職の薬剤師の年収に関する情報をご紹介

マネージャー職の薬剤師の年収

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師のマネージャー職の年収は勤務する職場によっても変わります。イメージとしては、臨床現場に近い仕事ほど年収は低くなりやすいという傾向にあります。病院でのマネージャー職は年収で500万円から600万円ほどが相場となっており、続いて調剤薬局、ドラッグストアでは500万円から700万となっています。高収入として年収1000万円を挙げる方は多いですが、年収1000万円レベルは薬剤師のマネージャー職でも一般的には届かない事が多いです。

年収1000万円を目指せる薬剤師のマネージャー職としては、製薬会社の研究職の薬剤部長です。薬剤師が研究職に就くのは狭き門と言われていますが、その中でも経験を積み、薬剤部長となると年収で1000万円レベルの高収入となります。薬剤部長は40代でなれるケースが多いので、研究職として早めのスタートを切り、そこから成果を出していけば、薬剤部長になれる可能性も出てきます。高収入を目指したい方は検討するのも良いでしょう。

また、調剤薬局やドラッグストアでも平均的なマネージャー職の年収は上記の金額になる事が多いですが、大手のドラッグストアや調剤薬局の部長職の場合は年収800万円レベルまでは届く事もあります。こちらもかなり上の役職になるため狭き門ではありますが、仕事を頑張っていきたいという気持ちのある方は目指していくのもお勧めです。

マネージャー職になるには、薬剤師としてのスキルや経験ももちろん必要ですが、多くの薬剤師の方をチームとして管理し、目標を達成させるという薬剤師の専門スキルとは別のスキルも必要になってきます。徐々に役職がステップアップする中で身に付けていく事ではありますが、意識しながら仕事に取り組んでいく事で成長スピードをより高めていく事ができます。その職場で勤務する薬剤師の中で、大きな実績を上げ続けて信頼を得る必要があるので、大変な事もあるかもしれませんが、それを乗り越えられる方がマネージャー職になれると言えます。

転職サイトではマネージャー職の方の求人も募集されています。こうした求人では収入なども高水準となっているものが多く、あなたに十分なスキルが身に付いていれば、今よりも高待遇で迎え入れられる可能性もあります。薬剤師専門の転職サイトなどもあり、こうしたサイトでも高収入の求人の募集がされています。興味のある方は身に付けているスキルを武器に検討してみるのもお勧めです。

マネージャー職の薬剤師の求人探しならこのサイトがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら