管理薬剤師の年収に関する情報をご紹介

管理薬剤師の年収

求人サイトランキングはコチラ!

管理薬剤師の年収は、平均して700万円から800万円ほどです。薬局長という名称が付いて、責任者としての働きを要求される職種ですから薬剤師の中でも給与が高い傾向にあります。一般の調剤薬局での薬剤師の収入は500万円ほどなので、責任者としての手当が100万円から300万円ほど付与されることになります。

昇進で管理薬剤師になった場合には、800万円以上の給与も期待できます。一般に、管理薬剤師となるのは昇進による場合がほとんどです。管理薬剤師になるには、実務経験を3年くらいおこなってからなるのが一般的です。経験年数が必要になるわけです。管理薬剤師という資格はありませんから、どのくらい経験したらなれるという決まりはありません。

管理薬剤師は、薬剤師の立場で薬局を管理するいわば、ストアマネージャー的な存在です。管理薬剤師は薬局に存在するポストですが、製薬会社などの企業で薬の管理にあたるポストとしても存在します。重い責任を負わなければなりませんし、人事や経営に関する業務を行わなければならない場合もあります。そして管理薬剤師の勤務先の多くは薬局になります。一般の薬剤師さんやスタッフをまとめる上司でありマネジャーですから、一般の薬剤師さんより高い給与になるのは当然のことです。

薬剤師は都市部では飽和状態にあり、地方では不足しているという傾向がありますよね。一般薬剤師の初任給で比較すると、都市部で年収450万円、地方では500万円と大きな格差があることが分かりますね。特に、薬学部がない県などは収入が高くなる傾向があるようです。

人口当たりの薬剤師の数を調べて、人数が少ない県を就職先として選ぶのもよい戦略かもしれませんね。なお、地方の間でも格差があり、北海道が一番高く、九州・東北が低い傾向にあるようです。物価の違いが給与にも反映しているのかもしれません。

また中途採用で管理薬剤師を採用する場合には、責任者がいなくなり緊急で採用する場合や名目的に責任者を採用する場合が考えられます。緊急で採用する場合には報酬が高くなる傾向にあります。

これに対して、名目的に採用する場合には一般の薬剤師とほとんど変わらない収入しかもらえない場合もあります。職場によっては450万円ほどと、一般薬剤師の平均年収より少ないという場合さえあります。後者の場合には、仕事内容がきつく残業も多いのに収入が少ないというブラックな採用形態もありえるので注意することが必要となります。

管理薬剤師の求人探しなら求人エージェントの利用がオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら