薬剤師の低年収に関する情報をご紹介

薬剤師年収で低いのはいくらから?

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師は一般的に年収が高いと言われているますが、逆に一番低いのは、いくらからなのでしょうか?一番低くても、他の職業の年収と比べるとどうなんでしょうか。基本的に、薬剤師の平均的な年収は500万円といわれています。しかしながら、これはあくまで平均的な数字ですので、もちろん薬剤師として働く職場の場所によってはこれよりも高かったり、低かったりということも十分あり得るのです。

実は、意外と思われてしまうかもしれませんが、薬剤師の中で最も低いのは病院薬剤師と調剤薬局薬剤師です。この二つの場合では、年収が350万円から600万円となっています。そのため、この350万円が、薬剤師におけるもっとも低いわけですが、これは初年度の年収です。薬剤師は初年度の年収の平均が大体350万円から400万円となっていて、初年度を抜かして考えると、病院薬剤師・調剤薬局薬剤師の年収は大体400万円から600万円となっています。

以上のことから、薬剤師の最も低い年収は、初年度で大体350万円となるでしょう。しかし、次年度からだんだんと昇給もされ、自分の頑張り次第では店長クラスになり得る機会だってあります。そのため薬剤師で安定した高収入を得ていきたいと考えている方は、長く働く事がポイントとなります。

近年では薬剤師と同じくらい、看護師も注目を得ている職業と言えるでしょう。薬剤師と看護師は、どちらが給料が高いのでしょうか?両方が人気の職業であるとはいえ、やはり給料面の待遇が良い方の職を選んでいきたいものですよね。

一般的な薬剤師の平均年収と正看護師の平均年収、准看護師の平均年収について、紹介していきたいと思います。まず、薬剤師の一般的な平均年収はだいたい500万円程度なのに比べて、正看護師はだいたい460万円程度、准看護師で400万円程度となります。つまり、薬剤師の方が平均的な給料が高い職業であると言えるわけなのですね。

また、薬剤師と看護師とでは、勤め先の規模の大きさによって給料が左右されるか否かの違いも見られます。薬剤師の場合、それぞれの希望によって様々な差異が現れてくるようです。ちなみに、薬剤師の場合は小規模企業の方が就職できる確率が低いとされているのですが、その分待遇が良かったりと利点があるようです。一方、規模の大きい企業は小規模の企業ほど待遇が良いところはそうそうありませんが、その分新卒者を多く採用してくれるところが多かったりと、採用率が高くなっていることがポイントのようです。

年収アップの実績が豊富のエージェントはこれ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら