大学病院の薬剤師年収に関する情報をご紹介

大学病院で働く薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師が仕事をできる職場として病院がありますが、病院にも種類があります。その中でも大学病院は通常の民間の病院とは異なる特色を持っています。大学病院への転職を検討していて、年収が気になるという方もいると思いますが、大学病院の年収は民間の病院や調剤薬局と比較して特別高いという訳ではありません。大学病院の薬剤師の平均年収は約520万円となっています。この数字は勤続年数が7年、平均年齢39歳としての金額となっており、他の職場と比較して同等水準の額となっています。

月収ベースだと約37万円となっており、これに加えてボーナスが支給されて上記の額となります。また、大学病院は全国各地にありますがその病院ごとで収入に多少の差はあります。ですがどの大学病院でもほぼ同水準となっており、地域によって差が出やすい調剤薬局や大学病院以外の病院とは異なる特徴です。こうした年収の金額や特徴を見ると、薬剤師として高収入を目指したいという方には不向きと言えるかもしれません。ですが大学病院には収入だけではないメリットもあります。

それは仕事での経験です。調剤薬局や民間病院の調剤業務では安定して落ち着いて働く事ができますが、仕事の内容があまり大きく変化しないという特徴があります。そのため、仕事を通して様々な経験を積んだり、チャレンジしていきたいという方にとっては物足りない部分が出てくる事もあります。大学病院の薬剤師は調剤業務も行いますが、最先端の医療の研究が行われており、設備も現代医療の先端設備が導入されています。

薬剤師も調剤業務の他にも、仕事を通して医療技術の知識を学ぶ機会や研究の仕事を手伝うといった事が業務として発生する事があります。常に新しい医療技術の刺激の中で仕事をする事ができるのは、大学病院の大きなメリットなのです。新たに学ぶ事は、薬剤師としての基本的なスキルを学んでいたとしても数え切れないほどの量があり、常に新しい発見やチャレンジを求めている方には理想的な職場環境と言えるでしょう。仕事をする環境も整った環境の中で仕事ができ、収入面だけではない魅力があるのです。

大学病院の薬剤師の求人も転職サイトなどで募集されている事があります。数としてはあまり多くはないため、転職を検討する方はある程度中期的な視野で検討する事をお勧めします。また、他にも興味のある求人があれば合わせて比較して検討していくと良いでしょう。転職サイトに登録するとアドバイザーの方が担当としてついてくれますが、その方に相談して今後のキャリアを決めていくのも良い方法です。

大学病院への転職ならエージェントの利用がオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら