国立病院の薬剤師年収に関する情報をご紹介

国立病院で働く薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の職場は調剤薬局や病院での調剤業務が主になりますが、あまり多くない所では国立病院があります。国立病院でも薬剤師が調剤業務を行う事ができますが、大きなメリットとしては公務員と同等水準の待遇が受けられるという事です。一般的な調剤薬局などでの薬剤師の平均年収は550万円ほどとなっていますが、国立病院での薬剤師の場合は年収は400万円から600万円が相場となっています。月収だと25万円から30万円ほどです。

大学の薬学部を卒業してからの初任給の時点では、一般的な薬剤師も国立病院の薬剤師も給料にそれほど大きな差はありません。ですが年数を重ねるごとにその差が出てきて、定年を迎える時点では200万円ほどの差になっているケースもあります。国立病院は長く安定して働く事ができ、一般的な薬剤師と比較しても高めの水準で収入を得る事ができます。今でも年功序列で昇給していく数少ない職場です。

また、もう一つ大きく異なるのが福利厚生の部分です。その中でも特に退職金の額が国立病院の薬剤師は高くなっており、民間の病院と比べると1000万円ほどの差になるケースもあります。国立病院の薬剤師になるのはハードルも高めになっていますが、こうした高待遇を考えるとチャレンジする価値もあると言えます。

男性と女性の年収の違いがほとんどないのも国立病院薬剤師の特徴です。調剤薬局やドラッグストア、民間病院などでは女性の収入は男性と比べても低めになっているケースが多くありますが、国立病院の薬剤師の場合は差がないため、女性にとっても魅力のある職場です。また、地方と都市部で比較した場合は都市部の国立病院の方が収入が高くなっています。調剤薬局などの場合は人手不足が地方の方が激しいため、地方の方が収入が高めの傾向にあります。

もちろんこうした収入や福利厚生などの待遇面だけで仕事は決めるべきではありませんが、やはり大きなモチベーションになる事は確かです。薬剤師として高収入を目指せる職場や職種は国立病院の薬剤師だけではありませんが、一つの選択肢として検討するのも良いでしょう。国立病院の求人も転職サイトで募集されている事があります。数としては多い訳ではなく人気も高いので、定期的にチェックしてチャンスがあれば応募していく事をお勧めします。転職サイトに登録すると担当として付いてくれるアドバイザーの方に、求人が入ったら教えてほしいと伝えておくと、求人が入った時に連絡をくれます。

国立病院への転職ならエージェントの利用がオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら