市立病院の薬剤師年収に関する情報をご紹介

市立病院で働く薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

市立病院で働く薬剤師の場合立場的には公務員となり、その給与も公務員の給与体系と同じになります。そのため年収も比較的高くなりやすくなります。特に民間病院と比較するとその給料は差があり、市立病院の方が高くなります。ただし、収入が高くなるのは年齢が上がってきてからです。大学の薬学部を卒業してからの新卒時では民間病院や調剤薬局の方が収入が良いですが、民間病院や調剤薬局は最初から高水準の収入が得られても、後々まで収入はあまり伸びないままです。

これに対して市立病院の薬剤師は新卒時は低めでも年齢を重ねるにつれて年収が上がっていくため、長く働く事を考えると公務員薬剤師の方がメリットがあると言えます。民間の調剤薬局や病院で働く薬剤師の平均年収は550万円ほどと言われていますが、市立病院の薬剤師の平均年収は600万円ほどとなっています。特に男性は仕事を始めてから長く勤める事になるので、市立病院の薬剤師を目指すのも良いでしょう。

女性の場合は年収が伸びてくる前に結婚や出産などで退職してしまう可能性があるため、復帰を考えているなら市立病院で薬剤師として働くのも良いですが、融通が利く民間病院なども検討する事をお勧めします。市立病院の薬剤師は公務員なので、福利厚生も充実しているのもメリットです。休暇なども取りやすく、元々安定して働きやすい薬剤師の仕事ですが、その中でもより安定して働きたい方には市立病院の薬剤師もお勧めです。

また、市立病院で働く場合はその雇用形態にも気をつける必要があります。正職員、パート、派遣など様々な雇用形態がありますが、上記の例はもちろん正職員となった場合の話です。パートや派遣で市立病院で働く場合は時給制である事が多く、上記の例とは異なるため気をつけておきましょう。正職員の場合は市立病院で薬剤師として働く事はできますが、その病院を離れて本庁などで勤務する可能性も出てくるので、その点は念頭に置いておくと良いでしょう。

市立病院で薬剤師として働くのはかなり狭き門となっています。勉強や対策が必要になってくるので、民間の病院や調剤薬局とは別の対策が必要になります。派遣やパートとして市立病院で仕事をしたい場合は、転職サイトなどでも求人が定期的に募集されています。転職サイトで他の職場も視野に入れて、今後あなたがどうしていきたいかを考える事をお勧めします。転職サイトに登録すると担当してくれるアドバイザーの方に相談するのもお勧めです。

市立病院への転職ならエージェントの利用がオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら