総合病院の薬剤師年収に関する情報をご紹介

総合病院で働く薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師が仕事をする場として多いのが調剤薬局ですが、病院で薬剤師として働く事もできます。特に総合病院では調剤薬局を併設している病院が多く、こうした病院では薬剤師が勤務して調剤業務を行っています。総合病院の薬剤師を検討している方もいると思いますが、平均年収は400万円から600万円ほどとなっています。大学の薬学部を卒業して新卒として総合病院で働く場合、その収入は一般職とあまり大きく変わらないケースもあります。

長く勤務して経験を積み、管理職などになるとその年収は上がっていき、600万円に近い金額となります。薬剤師の職場には他にもドラッグストアや調剤薬局がありますが、平均年収の相場としての傾向は、ドラッグストア、調剤薬局、病院の順に低くなっていくと言われています。つまり、薬剤師の職場の中では病院での勤務は収入的には低くなりやすいという事が言えます。

ただし、総合病院では医師や看護師と同様に薬剤師でも夜勤があるので、夜勤の回数を増やせば夜勤手当が付き、収入を上げる事ができます。一般的には1万円前後の手当が1回の夜勤で付く事が多く、比較的大きな収入になります。以上のような収入面だけ見ると他の職場の方が高い可能性もあるかもしれませんが、総合病院には他の職場にはないメリットもあります。

それは総合病院という職場環境による仕事のやりがいです。総合病院は規模の大きな病院のため、それだけ多くの患者さんが訪れ、様々な病気の患者さんと接する事になります。また、医師や看護師の方とも連携を図っていく事も多く、薬局などでの比較的落ち着いた環境とは異なる、学ぶ事の多い環境で仕事をする事ができるのです。先端医療についても知識を得る事ができますし、医薬品の知識などもより深める事ができます。そのため、仕事のやりがいや身に付けられるスキルの面では大きなメリットがあるのです。

こうして身に付けたスキルはあなたが今後再度キャリアについて検討する際に大きく役立ってくれるでしょう。また、病院内でそのまま成果を出していき、管理職などのより上の立場で収入をアップさせて仕事をしていくのも良いでしょう。病院はこうした収入面以外の部分でもメリットがある職場です。転職を検討している方は、他の職場の特徴などとも比較して決めると良いでしょう。転職サイトには求人情報が数多く揃っているので、まずは色々な情報のチェックから始めていくと良いでしょう。

総合病院への転職ならエージェントの利用がオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら