病院の薬剤師年収に関する情報をご紹介

病院の薬剤師年収

求人サイトランキングはコチラ!

近年病院薬剤師の活躍の場は、薬局内から臨床へと広がりを見せています。一方では医薬分業が拡大することによって、薬剤師の定数を削減する病院も増えているようです。

最近では医薬分業が進んでいる為、ほとんどの病院では外来患者の薬を院内の薬局で調剤することがなくなりました。その分、院内の薬剤師の能力は入院患者へと向けられています。医療費抑制政策を受けて、日本の病院は今後長期入院の元となる療養型病床が減少して、治療型中心へと大きくシフトしていくのでしょうね。

病院が最適な治療効果を発揮するために、薬剤師に求められる仕事や責任が重大となってきています。

◎病院薬剤師の年収
初任給で月20万円〜25万円、年収 約400〜650万円くらいが相場です(学士卒・手当を含む)。薬剤部長(薬局長)になると病院の規模・法人にもよすますが、それなりの給料が出るところもあります。公務員の給料に準じている病院の生涯年収は民間の病院に比べて高いようです。

◎病院薬剤師の主な仕事内容
現在も医師の処方箋に沿って薬剤をピックアップし、投薬時に服薬指導を行うといった、外来患者への調剤が仕事の基本となっている病院もあります。けれども、現代の病院薬剤師の仕事は、入院患者への医療ケアにシフトしているのが主流です。中でもメインとなるのは、入院患者の「ベッドサイドでの服薬指導」です。薬剤の変更があれば、新しい薬剤について解説し、副作用の兆候がないかを確認します。治療方針に分からないことがあっても、患者の多くは医師や看護師に聞けずにいるケースが多くあります。薬剤師は薬という媒介を通して、患者の疑問を解消してあげる役割も担っているのです。薬の専門家として、分かりやすく、丁寧に入院患者を指導することが求められています。

「TDM」は治療を重視する今の病院において、医師と薬剤師が共同で行う重要な業務です。免疫抑制剤のように、患者ごとの個人差の激しい薬剤に関して血中濃度を測定して、そのデータを基に最適な用法・用量・使用間隔などを決定します。さらに、「薬剤の管理」も薬剤師にとって重大な業務となります。注射薬一つとっても、病院にとっては大切な資産。万一紛失することになったら、大変です。それが疼痛緩和剤の「麻薬」ともなればなおさらです。また注射薬は、かつて医師の指示で看護師が投与準備を行っていたが、近年は個々の患者の注射箋によって、薬剤師が専門性を活かしてセットするようになっており、薬の混合なども行っています。

病院の種類別の薬剤師年収

■国立病院の薬剤師年収
■市立病院の薬剤師年収
■大学病院の薬剤師年収
■総合病院の薬剤師年収

病院薬剤師の求人はエージェントで探すのが便利!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら