高年収の薬剤師に関する情報をご紹介

薬剤師年収で高いのはいくらから?

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の全国平均年収は、500万〜650万円となります。ただし、これはあくまで平均の数字です。同じ薬剤師でも、その働く場所、地域、キャリア、年数により大幅に異なるのが実情です。

そんな薬剤師さんの年収で1000万円を超える収入を得ている人が本当に存在しているかと言えば、実在している事は確かなようです。主に製薬会社で働く薬剤師さんの年収は1000万円を超える人もいるようですが、仕事内容としては薬剤師本来の仕事と言えばそうでない部分も多々あるようです。

例えば、薬科大学の教授という立場になると年収およそ1400万円になるといいますから、やはり年収=キャリア&実績が必要と言えるかもしれません。

一番薬剤師として年収が高いといわれるのが製薬会社です。また、薬剤師が不足している地域での仕事も可能であれば年収800万円以上は可能であるといえそうです。実際、熊本、青森、北海道等の薬剤師の月収は40万円〜というところもあり、普通に計算しても年間月収だけで、600万円前後となり、それプラス賞与や手当がついたとすると年収1000万円というのも夢ではないかもしれませんね。

しかし、よほどの実績やキャリアがなければ1000万円の大台は中々薬剤師といえども難しい年収である事は確かです。中には、調剤薬局での薬剤師を募集し、キャリアを積ませ、基礎から薬剤師としての知識を学びながら薬剤師としてスペシャリストとなることで年収1000万円になるという職場もあります。

薬剤師の年収ランキングでの位置は、大体40〜50位の間とされています。近い位置にある職業は、建築家や鍛造工、製鋼工等の建築関係や、専門学校および専修学校の教員、気象予報士などです。つまり、これらの職業の年収と薬剤師の年収は同じくらいということになります。

基本的に、年収というものはその仕事に就いたばかりの時期が最も低く、その後徐々に上がっていきます。そして、大体40代後半〜50代前半にピークを迎え、それからは緩い下降をしていきます。ただ、この傾向は必ずしもあてはまるものではありません。

職業によってピークを迎える時期が異なったり、初任給が多かったり少なかったりします。薬剤師は、他の職業と比較して初任給、初年度の年収が高い傾向にあります。その一方で、ピーク時の年収はそこまで極端には上がりません。ただし、ピークに辿り着くのは比較的早く、キャリアをそこまで積まなくても高収入を得ることが可能となっているのです。

高年収の求人が満載!人気エージェントはこれ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら