薬剤師の今後の年収に関する情報をご紹介

薬剤師の今後の年収

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の今後は、年収が大幅にアップすると考えられています。でも本当にそうなるかどうか、かなり意見が分かれるところだと思います。薬剤師の将来を考えると、何に関しても同じですが、需要と供給のバランスが大切です。需要が多ければ、それだけ値段が上がり、供給が多ければ値段が下がります。

大学の薬学部の数は、2002年には46校だったのが、2007年には72校に増加したので、当然定員も8,110人から13,164人と供給は急激に増えているようです。しかも需要は増える傾向はありますが、2009年から登録販売者が第一類医薬品以外の第二類医薬品と第三類医薬品を販売できるようになったので、コンビニエンスストアやドラッグストアなど薬剤師がいなくても簡単に薬を手に入れることができるようになりました。

一方不況や経済動向の停滞が続く社会において、薬剤師は常に売り手市場にあった時代もあります。近年は登録販売者制度が制定されたことによって、薬剤師の主な勤務先となっていた薬局やドラッグストアに薬剤師を配置する必要がなくなり、薬剤師にとっては勤務先が減る事態となっています。また薬学部新設ラッシュの影響か、薬剤師の需要は頭打ち、供給過剰、今や飽和状態、厳しい環境が続くなどとも言われているようです。

薬剤師の就職先はある程度決まっていますが、それでもどんな地域の、どんな職種に就職するかで、大きく差がついてしまう可能性があります。初任給からいきなり数万円もの差が生じたとの声もときどき聞こえてきますね。特に調剤薬局の場合は、需要が高い為、地方で年収が大きくアップするケースもあります。

それでは、薬剤師が年収をアップさせるには、どうしたらよいでしょうか?どんな環境で勤務をしているかに関係なく共通していえることは、まず薬剤師としてのスキルを高めることです。特に、企業に勤務している場合は能力がその後の昇進や年収に大きく反映されてきます。また、コミュニケーションスキルやヒューマンスキルも大切です。これはどんな職業にも共通していえますが、他人との交渉に長けていることは何かと有利に働くはずです。

薬剤師の今後は、仕事のフィールドに広い視野を持ち、激化する競争に備えてしっかり専門知識や高いスキルを身に付け、常に自己研鑽のマインドを持ち続けることが年収を左右するかもしれません。薬剤師飽和時代と言われてもチーム医療の一員としての存在意義、治験という新しい職業分野、幅広いフィールドで活躍できる可能性が薬剤師にはあります。

今の年収に不安なら、まずは転職エージェントに相談しよう。

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら