ドラッグストア店長の薬剤師の年収に関する情報をご紹介

ドラッグストア店長の薬剤師の年収相場

求人サイトランキングはコチラ!

ドラッグストアでのキャリアアップといえば管理薬剤師がまず第一歩ですが、さらに一歩進んで店舗の店長に就けるケースもあります。とくにチェーン展開を行っている大手グループによく見られるキャリアアップのルートです。

ひとつの店舗の責任者となるわけですから、当然年収も通常の薬剤師に比べて高い水準となります。通常ドラックストアで働く薬剤師の年収相場は400万〜550万円程度、管理薬剤師になると600万〜650万円、そして店長クラスになると700万円程度となります。

ドラッグストアで働く薬剤師にとっては年収600万円が高収入かどうかを決める重要なボーダーラインといえます。その点700万円以上も期待できるドラッグストア店長は理想的な収入環境といえるでしょう。なお、基本給に加えて役職手当、店長手当といった手当を受け取ることもできます。

ただ、店長であるからにはさまざまな責任が伴います。管理薬剤師以上に思い責任を負った環境で働くことになるため、それに耐えられるかどうか、能力以上に性格面を含めた本人の適性が求められる職業でもあります。店長である以上、単に医薬品に関する管理を担当するだけでなく、経営・売り上げのことを考えなければなりません。薬剤師として求められる知識やスキルをしっかり提供していくだけでは済まされない面もあるわけです。お客さんの消費動向をチェックし、どのような製品が求められているのか、またお客さんの目をひきつけるためにはディスプレイなどをどう工夫したらよいか。もちろんすべてを店長が決める必要はないわけですが、その結果に対しては最終的な責任を負うことになります。

また店を束ねる責任者であると同時に中間管理職としての面も持ち合わせています。オーナーの意向や要望に応えながら店舗を営業していかなければなりませんし、グループ店舗なら親会社からのノルマをクリアしていくといった難しい面もあります。薬剤師の教育も含めてやるべきことはたくさんあるのです。

このように、ドラッグストア店長は高収入が期待できる一方、収入に見合った役割が求められる役職でもあります。この職をしっかりこなすことができれば今度はエリアの責任者や本社でのマネージャー職といったさらなるキャリアアップも期待できます。その意味では年収アップのために目指す職というよりはキャリアのステップとしての面の方が大きいかもしれません。いずれにしろ、ドラッグストアでキャリアを積んでいこうと考えている薬剤師にとっては収入面も含めてまず目指すべき役職となるでしょう。

ドラッグストア店長の薬剤師の求人探しならこのサイトがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら