調剤薬局の薬剤師年収に関する情報をご紹介

調剤薬局の薬剤師年収

求人サイトランキングはコチラ!

医薬分業が進み、町中で見かける調剤薬局の数もずいぶん増えてきましたね。ここ十数年、医師が院内で薬を出すのではなく、処方せんを発行して患者に院外の薬局で薬剤を受け取ってもらう「医薬分業」が急速に進展しています。その背景には、病院が薬を出せば出すほど儲かっていた「薬漬け医療」を防ぎたいという国の思惑と、「薬剤の提供は薬の専門家である薬剤師が行う」という大きな理念があるからなのでしょう。

薬のスペシャリストである薬剤師が、調剤業務と薬剤の提供や指導を行うことで、薬剤に関連する医療過誤を予防することができるだけでなく、患者は、いつどこでも処方箋さえあれば、薬剤を受け取ることができるというメリットが生まれました。

一方で、こうした業務の拡大は、薬剤師が負うべき責任も増大しています。今日の薬剤師には、薬剤に関する完全な知識患者にわかりやすく情報を提供するコミュニケーション能力、正確に調剤を行う優れた技術が求められているのですね。

◎調剤薬局の薬剤師の年収
初任給で月22万円〜30万円、年収 約400〜650万円くらいが相場です(学士卒・手当を含む)。管理薬剤師の年収は500万円〜600万円が相場です。大手調剤薬局チェーンの給料はやや低め。薬剤師が不足している地域や、中小の調剤薬局は比較的高めのようです。

◎調剤薬局の薬剤師の主な仕事内容
病医院の処方箋を持って薬局を訪れる患者に対し、医師から指定された薬剤を出したり、散剤を分包するなどして用意し、それを手渡すことです。重要なのは、薬剤に関する情報である薬理・薬効、副作用、服用時間などを、分かりやすく患者さんに説明・指導することです。

時には、記載内容の処方箋について発行元の医師に対し「疑義照会」を行うこともあります。薬剤の適正使用量、飲み合わせ、患者の体質・既往歴などを勘案し、薬剤の専門家として医師に処方せんの記載が正しいかどうかを確認しなければなりません。場合によっては、病理に関する基礎的な知識を求められることもあるため、日常的に幅広い学習が求められるのです。

◎研究者として働く
教育研修の一環として、学会活動等に熱心な企業もあります。研究活動を継続していくうちに、大学院への復帰や研究者の道が開けることもあるでしょう。

◎跡継ぎ、独立をする
実家の薬局を継ぐ、独立する人が多いのも調剤薬局勤務の薬剤師の特徴です。独立志向を否定しない企業も多数ありますので、独立後のイメージを持ちながら、薬剤師としての経験を積み重ねていくことも可能です。

大手調剤薬局の薬剤師年収相場をご紹介!

・総合メディカル
・日本調剤
・レディ薬局
・アイン薬局
・クオール薬局

調剤薬局への転職ならエージェントの利用がオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら