薬剤師の年収に不満のある方向けの情報をご紹介

薬剤師の年収に不満のある方へ

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の平均年収は約530万円程度と言われています。これよりも少ない人はもちろん、平均程度の年収を得ている人の中にも不満を感じている方は少なくないでしょう。薬剤師の収入は純粋な収入だけで判断できるものではなく、自分が担当している仕事や勤務環境に見合うものなのかどうかが評価を決める重要なポイントとなるからです。

ですから、薬剤師の年収に不満を感じている方はまず自分がどんな点に不満を感じているのかを検討してみましょう。純粋に金額が少ないと思っているのか、それとも仕事に見合うだけの収入を得ていない、もっと高い評価を受けてしかるべきだ、と思っているのか。それによって不満の解消や対策方法が異なってくるでしょう。

純粋に年収が低いと感じた場合には転職がもっとも不満を解消する近道です。今働いている職場よりも給与水準が高い職場に転職するわけです。調剤薬局やドラッグストアで勤務している方はとくにこの方法が有効でしょう。

年収が高い職場に転職する場合にはどのエリアで仕事を探すかが重要なポイントとなります。薬剤師の仕事は人手の状況によって同じような就業環境でも年収に大きな差が出てくるケースが多いからです。簡単に言えば人手が不足しているエリアほど年収が高く、足りているエリアほど低くなります。転職を検討している場合にはできるだけ人手が不足して薬剤師が求められているエリアで新しい職場を探していくのがポイントです。

ただし、年収の高さで求人をチェックする際には注意点もいくつかあります。まず就業環境です。年収が高めの人手が不足しがちの環境では忙しい就業環境を強いられることもあります。年収アップには成功したものの「この忙しさには割に合わない」と別の不満を感じてしまう恐れもあるのです。また調剤薬局、ドラッグストアでの勤務では昇給の幅が少ない面もありますから、5年後、10年後にまた同じ不満を持つことがないよう、将来の収入環境にも目を向けておきましょう。

一方割に合わないと感じている方は職場と交渉するか、それで年収アップが難しい方はやはり転職が有力な選択肢となりますが、その場合には自分のスキルを高く評価してもらえるところを見つけられるかがポイントです。そしてこれまでとは違った職種への転職を検討するのもよい選択肢となるでしょう。調剤薬局から製薬会社や医療機器メーカーへの転職など。これまでのスキルを活かしつつ年収アップが期待できる転職が良いでしょう。

薬剤師の年収に不満があるなら、コンサルタントに相談!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら