薬剤師の平均年収に関する情報をご紹介

薬剤師の平均年収

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の平均年収(家族手当、残業代などの各種手当込み)を年代別に見てみると、男性は30歳前後、女性は30歳後半から管理者になることが多いため、その前後で大きく給与が変動しています。男女別の平均年収を見てみると、平成22年の男性の平均年収は595万円、平均月収は42万円、女性はというと、平均年収475万円、平均月収34万円となっており、管理薬剤師の場合はプラス50〜100万円となります。

また、女性に人気の高いパートの時給は、需要と供給のバランスで一概に言えないものの、1800円〜2500円が相場となっています。午前パートのみ(プラス土日休み)という案件は特に人気が高いため、最近は最低一日は夜の勤務を入れなければ、採用は難しいとするところも増えてきています。

転職理由では「給与への不満」が依然として多く、最近は「自分の能力や専門性を仕事に活かせない」「キャリアを磨く場所がない」など、スキルアップを重視した理由が上位を占めるようになってきました。このことは数年後の6年制大学卒業生の採用に対する意識の表れと考えられます。

企業の採用活動がピークになるのは、「年末年始の少し前(冬のボーナス)」「4月入職(期末退職〜GW)」「盆明け(下期入職)」の3つの時期が一般的となっています。ですがこれらのピーク時は採用数が多く、応募者数も比例して多いため、競争率は相当高いのも事実です。

その対策として、早めに転職活動をスタートすれば出会える案件は少ないですが、競争率は非常に低くなります。あまり早すぎると案件が少なさすぎて、ご自身の希望条件にマッチした求人を見つけることが難しくなります。目安としては上記のピーク時の2〜3ヶ月を念頭に入れて、活動スケジュールを組むのがおすすめです。

全国的に見るとまだまだ薬剤師は不足していますが、薬学部を新設する大学の増加、理系職の人気の高まりなどから、近い将来過剰になることは間違いありません。ですから出産や育児を期に退職したものの、現在は調剤薬局やドラッグストアへの復職を検討している方は、今が復職のチャンスだといえるでしょう。

人数としてもっとも多いのが、1.調剤薬局や2.ドラックストアなどのお店勤務の薬剤師です。調剤薬局の薬剤師収入は400万円から、勤続3年目で500万円程度が目安です。ドラックストアの場合はチェーンによって差があります。調剤薬局と同等の400万円からスタートして、店長クラスにまで昇格すると、薬剤師として年収700万円越えも期待できます。

今の年収にお悩みなら、転職エージェントに相談を!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら