アメリカの薬剤師年収に関する情報をご紹介

アメリカの薬剤師年収

求人サイトランキングはコチラ!

最近の医療は薬を使った化学療法による治療の発展や進歩が著しく、以前は不治の病とされた病気も大手術を必要とした疾患も薬の力で治療する時代になってきています。そのためスペシャリストである薬剤師の重要性は高く、特に現代の医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮し、患者さんを総合的角度からサポートする「チーム医療」が主流となっています。

薬剤師にも薬の専門家として、より高い知識とスキルを備えるプロフェッショナル性が求められています。そんな薬剤師の平均年収は約500万円前後、平均月収約35〜37万円で安定している職業といえるでしょう。勤務する会社や業種、ポジションによっては700〜900万円以上、場合によっては1,000万円に届く薬剤師もいます。日本の薬剤師の年収はこのような状況で、年収1,000万円の薬剤師はごく稀です。

しかしながらアメリカの薬剤師の年収は1,000万円クラスがほとんどです。アメリカの薬剤師の場合、ポジションや長年の経験によって年収1,000万円を獲得するというのではなく、新人薬剤師でも年収1,000万円は堅いというのが常識です。

両者の薬剤師の年収に約倍の差が出る背景には、アメリカの医療保険制度や薬剤師が持つ権限の違いと薬剤師の社会的地位の高さにあります。 アメリカには日本のような国民健康保険制度がなく、自分で医療保険に入らなければなりません。アメリカの医療保険は高額なため、国民の約60%は保険に入っておらず病気やケガをした場合、自費負担を強いられます。

そのため病院で医療を受ける場合、日本では考えられないような高額な請求を受けることもあり、アメリカの破産理由の第2位に上がるほど医療費は高額なのです。そのため病院や医者にかかることをせずに、薬で病気やケガを治そうとする人が非常に多くいます。

そしてアメリカの薬剤師は薬の処方権を持ち、予防接種や健康管理に携わることもあるため、病気になるとホームドクター同様に薬剤師に症状を相談し、薬剤師は適切な薬を売ってくれる存在となっています。もちろんアメリカの薬剤師はその役割と任務を果たすために、医者並の努力と勉学に励んでいます。

このように日本の医療制度の様に誰もが医療を受けることができる環境にないこと、薬剤師の社会的重要性や医療人としての信頼性が、アメリカの薬剤師が高収入を得る要因となっているのでしょう。アメリカでは、一番信頼のおける職業に弁護士や医師を抜いて「薬剤師」が1位に上げられてさえいるのです。

年収UPならこの求人エージェントがオススメ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら