年収800万の薬剤師に関する情報をご紹介

年収800万の薬剤師

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師で年収が800万円ほどになると、いわゆる“ハイクラス”の収入となってきますね。一般的に薬剤師の場合は700万円が収入のピークになるといわれていますから、それを超えることを前提で考えるのなら職場や職種はかなり限られてきます。

薬剤師の年収の推移は、どの業種も約400万円前後からスタートし、3〜5年のキャリアで年収500万円台に到達し、その後は役職、勤続年数や経験、キャリアップをどう展開するかによって年収に差が出るようです。薬剤師年収のピークは40代〜50代で、この年代になると平均して年収が700〜750万円まで上がっているようですね。特に管理薬剤師を兼ね、全国展開している大手ドラッグストアの店長、大手調剤薬局の薬局長、製薬会社で成果報酬型の営業職、地方や僻地勤務の薬剤師などは一般的に高額年収を得られるようです。

日本の薬剤師はマネジメントクラスまで上って年収800〜900万円、大手製薬会社の営業として走り回りやっと年収1,000万円をつかんでいます。求人応募を見ても800万という数字を掲載している事例は少なく、職場としては「調剤薬局」「薬品・医療機器メーカー」などが挙げられます。

調剤薬局でこのレベルの年収というのは驚く方もいるかもしれませんが、都市部の薬局は競合店が多いのに対して地方は競合店が少なく売り上げが高いところもあり、また人手不足が深刻なこともあり、通常より給料を高く設定している場合もあります。地方で探すと意外と高レベルの職場を見つけることができます。

そしてドラッグストアの店舗拡大など、薬剤師を取り巻く環境は今後も大きく変化していきます。ドラッグストアの薬剤師採用は積極的で、薬剤師不足に悩やんでいる地方のドラッグストアや薬局、薬店では、大都市と呼ばれる東京、大阪、愛知、福岡、神戸、仙台よりも年収が高いケースもあります。

ドラッグストア勤務の薬剤師の場合は、コミュニケーション力の高い方が求められているようです。これは、お客さんとの接し方や仲間同士の会話など、薬剤師としての仕事以外の面での関係も大事になってくるからです。またこれ以外にも薬剤師としての経験や立場を生かして、転職サイトのコーディネーターとして勤務する事例もあり、この場合は薬剤師特有の事情を深く理解している事から、売り上げを大きく伸ばす事もできます。800万という数字も決して夢ではないといえますね。

年収800万の薬剤師求人はエージェントで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら