年収700万の薬剤師に関する情報をご紹介

年収700万の薬剤師

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の仕事は、病気の患者さんに合わせて薬を調剤したり、薬の効果・副作用・注意点を説明する服薬の指導などを行い、薬に関する高い専門性と特別なスキルを持った職業です。病気の治療や健康を守る仕事で、人や社会に対する貢献度も高くやりがいのある仕事ですよね。

薬剤師の年収平均は、全国平均でおよそ500万円〜650万円となっています。この数字は男女関係なく平均した統計によるもので、働く地域、又薬剤師それぞれのキャリアや勤続年数により異なります。また病院薬剤師として働くか、調剤薬局、またはドラッグストアに勤務するかによっても収入は異なり、同じドラックストアに勤務してもその地域により異なる場合もあります。

そんな地域またはキャリアにより収入が異なる薬剤師さんの年収700万円の事例には、調剤薬局で正社員として雇用され管理薬剤師として働くと、年収700万円になるケースもあります。また年収700万円クラスになるとドラッグストアや薬局の店長クラス、調剤薬局などでも管理薬剤師のポジションの年収になります。

店長クラスや薬局長になって年収700万円の対価を得ることは、年収の相場からすれば高い方になります。高年収を得る店長や局長という立場や役職となるわけなので、薬を作る調剤、服薬指導、薬理管理など薬剤師本来の仕事とはかけ離れた業務もこなしていかなければなりません。

管理薬剤師、ドラッグストアの店長の仕事はそれぞれ非常に多岐にわたります。薬剤師として、医薬品の紹介、薬の説明、医薬品の品質管理、医薬品の陳列、薬剤管理の帳簿や薬情チェックなどの仕事もありますが、ドラッグストアや薬店は商品を売って利益を得、お店を経営していかなければならないため、顧客対応、在庫管理、商品発注、お店によってはお菓子や日用品などの医薬品以外の品出しや管理も行わなければなりません。店長クラスやマネジメントのポジションともなれば当然、パート・アルバイトなどスタッフの勤怠管理、売上金の確認、クレーム対応、会議への出席なども仕事の範囲に入ってきます。

ドラッグストア勤務の薬剤師の場合、年収700万円、またはそれ以上の年収を見込むこともできますが、病院や調剤薬局を経験した薬剤師がドラッグストアへ転職する場合は容易ですが、一度ドラッグストアに勤めてしまうとそこから病院や薬局を目指すことは非常に難しくなるという現状もあるようです。年収と職場・業務内容はよく見極めることも大切なことですね。

求人エージェントを利用すれば、年収700万も可能!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら