50代の薬剤師の年収

50代の薬剤師年収の相場はどれくらい!?

求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の50代の収入は、400万円から850万円の間といわれています。なぜこれほどまでに差があるのかというと、転職で給料が激減した方、アルバイトやパートの方など、勤続年数によっても年収は変わります。この年代は定年退職に向けて後継者を育てたり、教育指導に当たったり、店長という重要な役職を任せられたりする年代です。そのため責任感のある仕事をしている人も多く、年収や月収は高収入となっている人が多いです。また職種も調剤薬局や病院だけではなく、製薬会社のMRやドラッグストアなど、高収入を見込める場合が多く、年収に差が出てしまうのも仕方ありません。製薬会社のMRであれば年収1000万円というのも珍しくありません。

またこの年代は男性と女性でも年収に差があります。どのくらいの差があるのかというと、50代前半の薬剤師の男性はおよそ731万円、女性は456万円、後半の男性は641万円、女性は516万円となっています。また年収のピークを迎えるのはこのころであり、60代に入ると嘱託職員になったりするため、男性は510万円、女性は470万円、70代に入ると300万円台と一気に年収は下がります。また家庭を持っている方でも子どもがすでに独立していることも多く、退職後のことを考える時期でもあります。退職後にもお金はかかりますし、年金だけでは生活費をまかなえないことも多いため、退職後の転職や、この年代での転職を考える人も珍しくありません。

この年代での転職先は比較的病院などが多くなります。実績も経験も豊富なため、若手の育成や教育指導への期待がもたれます。能力値の高い人ほど医療スタッフからの信頼も厚くなります。薬剤師というのは定年という言葉に縛られなければ生涯現役でいられるのです。そのため、個人で薬局を経営する人も出てきます。

転職を考えるのであれば、転職サイトを活用してみるといいでしょう。年齢を重ねるほど転職は難しく、また求人情報も少なくなってしまいます。ですから自力で求人を探すのは限度があります。ですが転職サイトを利用すれば、転職エージェントがいますので、非公開の求人を紹介してくれたり、あなたの条件に合った求人を見つけてくれます。非公開の求人はほとんどが人材育成や店長クラスなど、責任ある立場です。責任感を求めるからには誰でもいいということではなく、転職エージェントに人材を絞り込んでほしいという企業側の思惑もあるのです。登録は無料ですから、転職を考えている方は、転職サイトへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

年収UPを目指した薬剤師の転職ならエージェント利用が便利!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら