20代の薬剤師の年収

20代の薬剤師年収の相場はどれくらい!?

求人サイトランキングはコチラ!

20代の薬剤師の平均年収はどのくらいかというと、一般企業とそれほど変わりないか、少し高いくらいといえます。薬学部を卒業するためには6年の勉強が必要です。国家試験にストレートに合格して就職したとしても、そのときには20代半ばになっています。一般的な20代の平均年収は前半で250万円、後半で330万円といわれています。一方薬剤師の20代の平均年収は400万円前後です。さらに2年目3年目に入ると昇給しますから、一般企業よりも高い給与の待遇が多く見られます。

これは公務員、一般企業どちらでも同じようなもので、一般企業に比べると高めですが、同じ理系大学卒業の場合を考えると多少低くなります。20代は学校を卒業したばかりの新人が多く、社会に出てきてまた間もないころです。そんなときの薬剤師の収入は一般企業よりも高いですが、学校にかけたお金を考えると安いほうだ、という意見が圧倒的です。というのも学校が6年制になったのは2006年からのことで、それまでは4年で卒業が認められていたからです。ですから4年でかけるお金よりも、6年でかけるお金のほうが高くなるのは当たり前のことです。6年制大学卒業生が社会に出始めたのも2012年からですから、まだまだこれから給料は変わる可能性があると言ってもいいでしょう。

そんななか、20代でも薬剤師として収入アップを目指して転職する人はいます。理由は様々ですが、学生時代に借りていた奨学金を返済するためや、実家に仕送りするため、学生時代のアパートから引っ越したいためなど様々です。中には結婚するためパートやアルバイトに切り替えたいという人もいるでしょう。しかし求人サイトを見てみても、一般的な給与は月20万円前後、年収400万円ほどです。パート、アルバイトでも時給は2,000円前後です。そうすると今まで勤めていた時の待遇とそれほど変わらないことがほとんどです。転職で収入アップをはかりたいなら、転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

転職サイトには転職エージェントがおり、豊かな経験と知識を元に転職活動をバックアップしてくれます。地域や企業の情報はもちろんですが、給与面で高待遇な求人を紹介してくれることもあります。非公開求人もありますので、登録して損はありません。条件に合った求人があるかどうか、どんどん聞いてみるといいでしょう。転職を考えるなら、登録料が無料の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

年収UPを目指した薬剤師の転職ならエージェント利用が便利!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら