年収1000万の薬剤師

年収1000万の薬剤師

求人サイトランキングはコチラ!

現代の医療は各部門のスペシャリストが専門性を発揮し、患者さんを総合的角度からサポートする「チーム医療」が主流となっています。病院などに勤める薬剤師は、医師が薬物治療をする場合にどういう薬を使ったらより効果が期待できるかなどを、医師にアドバイスを行っています。そんな薬の専門家として薬剤師には、より高い知識とスキル備えるプロフェッショナル性が求められているのです。

平成22年度統計データによると薬剤師年収は約514万円、月給37万円ですが、薬剤師は勤務先や業種によって年収が大きく変わる場合が多いものです。平均年収を大きく上回る年収800万円、900万円、時には1,000万円に届く薬剤師もいます。日本の薬剤師はマネジメントクラスまで上って年収800〜900万円、大手製薬会社の営業として走り回り、やっと年収1,000万円をつかんでいます。

日本の薬剤師が必死に年収1,000万円を目指し、しかもここまで高年収を得る薬剤師はほんのひと握りですが、アメリカの薬剤師年収は800万円どころか、ポジションや長年の経験により年収1,000万円を得るというのではなく、新人薬剤師でも年収1,000万円は堅いというのが常識のようです。なぜそんなに年収が高いのでしょうか。そこにはアメリカの医療保険制度や薬剤師の権限と社会的地位の高さにあります。

アメリカには日本のような国民健康保険制度がなく、自分で医療保険に入らなければなりません。アメリカの医療保険は高額で決して安くはなく、国民の約60%は保険に入ってないため、病気やケガをした場合、自費負担を強いられます。そのため病院で医療を受ける場合、日本では考えられないような高額な請求を受けることもあり、アメリカの破産理由の第2位(第1位はクレジットによる破産)に上がるほど医療費は高額なのです。

そのため病院や医者にかかることをせずに、薬で病気やケガを治そうとする人が非常に多くいると聞きます。それからアメリカの薬剤師は、処方権を持ち、予防接種や健康管理に携わることもあるため、病気の人は薬剤師に症状を相談し適切な薬を売ってもらっています。

アメリカの薬剤師はほぼ内科医やかかりつけ医と同等の役割を果たし、当人も任務を果たすため医者並の努力と勉学を積んでいます。医師が書いた処方箋に基づき調剤しているだけの日本の薬剤師とはちょっと事情が違います。年収が高い分、薬剤師の役割は医師と同じぐらい重要な責務を担っているといっても過言ではありません。

年収1000万の薬剤師求人は専門エージェントで見つけよう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式サイト リクナビ薬剤師の詳細・申込みはコチラ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 薬キャリの詳細・申込みはコチラ
ヤクステ申込みはこちら